乱視の発生と診断させられる

乱視の発生と診断させられる

円錐角膜は角膜が薄くなり、薄くなった部分が眼圧に耐え切れなくなって前方に突出してくる眼疾患です。角膜が突出してくると視力に影響がでてきます。初期段階では、乱視の発生と診断されてしまうことが多く、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正できるため円錐角膜ありますと気付いてこないケースが多いのが現状です。しかしながら、さらに症状が進行すると角膜の突出が強くなると、角膜形状が原因でコンタクトレンズの装用も困難になってくるでしょう。また、薄くなった部分とレンズが擦れることで激しい痛みが起こることがあげられます。症状がさらに進行すると、コンタクトレンズでの視力矯正もできなくなり、角膜移植を必要とする場合があげられます。円錐角膜を放置しておくと、角膜の薄くなった部分が破れ、最悪の場合は失明に至るおそれがあげられますので、適切な治療を行うことが重要です。円錐角膜は、角膜の一部分が薄くなり、その薄くなった部分が眼圧に耐え切れなくなって前方に突出してくる眼疾患で、視力の低下や乱視の発生を引き起こします。初期の段階では、乱視の発生と診断させられることが多く、従来の検査では、円錐角膜を早期に発見するには難しかった。しかし、角膜移植を必要とするとても重篤な症状まで進行する恐れがあるため、早期発見・早期治療を行うことに越やったことがありません。最近では、検査機器の進歩によって円錐角膜を容易に診断出来るようになりましてしまいたんですけど、最新の検査機器の普及がまだ今から進んでいなくなりましてしまったので、適切な診断が受けられる施設が限られているのが現状です。

page top