黒い陰や糸くずにみようかなもの

黒い陰や糸くずにみようかなもの

目の前に何も存在しないにもかかわらず、黒い陰や糸くずにみたいなものが見える症状。主に目の中の硝子体と呼ばれますゼリー状の物質の濁りが、網膜に写ってしまうことによって生じる。目を動かしても黒い陰などは細かく揺れながら同じ方向に移動するため、まるで目の前を蚊が飛んだりしたりするように感じることから飛蚊症と呼ばれてる。ぜんぜん場合は加齢などの生理的変化が原因で生じるが、網膜剥離などの重篤な疾患の前触れである可能性もあるため注意が必要。目の前にきらきらと光るものが見えます「光視症」と呼びます疾患もあるのですけど、こちらは飛蚊症とは原因などが異なる。飛蚊症の原因は年齢的変化によるものと、その他の疾患に伴うものに大きく分類させられてる。年齢的変化が原因で発症した場合は、生理的飛蚊症と呼ばれる。目の中にぎっしりと詰まっている硝子体というゼリー状の物質が、年齢的変化によりまして融解・萎縮し、網膜と硝子体が離れることで飛蚊症の症状を自覚しやすくなる。それ以外にも、網膜剥離・網膜裂孔・眼底出血・ぶどう膜炎・網膜の血管が切れて目の中で出血しまう硝子体出血などの疾患によって硝子体に濁りが生じ、その初期症状として飛蚊症が出現するケースもあるため、飛蚊症の症状がある場合は精密な検査を受ける必要ききがある。

page top