clip_3

昨夜、日本時間深夜1時ごろから2時半にかけてビットコインの価格はおよそ1,000ドルの急落を見せた。朝起きて価格を見て絶望した人もいるのではないだろうか。

さまざまなメディアやツイッター上の情報によると今回の急落の要因は複数個ありそうだ。

01.SECによる暗号通貨取引所に対する規制

米証券取引委員会(SEC)は暗号通貨取引所を登録制とすると声明を出したことで、規制強化が将来の取引を制限する可能性があるとの懸念が強まったものである。

02.暗号通貨取引所Binanceでのハッキング

Binanceは3月7日、UTC 14:58-14:59の2分間でVIA/BTC市場が異常な取引活動を記録したことを発表。大規模なフィッシング詐欺によるハッキングが試みられたことを明らかにした。すべての資金は安全であり、盗まれていなと強調した。現在セキュリティチェックを行い引き出しを再開した模様だ。

急落の要因03、04を含む続きはこちらのサイトからどうぞ 
こちらのチャートをみると一部を除きビットコインの急落に連動するように他の仮想通貨も下がっていました。やはり仮想通貨の中でもビットコインの影響力が一番強いようですね。
clip_2
2018年3月8日時点

ハーバード大学の経済学者が2028年までに、ビットコインの価格は100ドルになるという発言もありましたが、確かに今現在の価格は高すぎるように思えます。しかしさらに上がるという声も多く、今後どうなるのか注目していきたいです。


この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

宜しければフォローお願いしますm(_ _)m