20180429

ツイッターで拡散されているイーサリアムギブアウェイ詐欺に注意
最近ツイッターでよく見かけるイーサリアムギブアウェイ詐欺に注意しよう。多くのプロジェクトの偽アカウントがイーサリアムのギブアウェイを行うとツイートし詐欺を行っている。怪しいツイートが行われている場合には公式のアカウントかチェックしてみよう。 

続きはこちらのサイトからどうぞ


「イーサリアムとリップルは有価証券になる」との報道に対して、双方の通貨が反論する
米商品先物取引委員会(CFTC)元委員長、現在はマサチューセッツ工科大学のブロックチェーン研究者兼上席講師であるGary Gensler(ゲーリー・ゲンスラー)氏が、講演で「イーサリアムとリップルは証券とみなす根拠がある」と発言しました。これを受け、イーサリアムとリップルの関係者は反発のコメントを出しています。

続きはこちらのサイトからどうぞ


仮想通貨関連の広告禁止、実はビジネス業界にとって良い5つの理由
GoogleとFacebookに続き、Twitterでも仮想通貨関連の広告掲載を禁止する動きが既に進んでいる。ICO広告と仮想通貨を使用したサービスの広告は区別されておらず、対象には仮想通貨に関連するすべての広告が含まれる。

Microsoftが提供する検索エンジン「Bing」とSnapchatを運営する「Snap」は今のところ仮想通貨関連の広告を容認しているが、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの「LinkedIn」は、完全な禁止ではないものの仮想通貨の販売を禁止するとしている。デジタル空間では仮想通貨関連のビジネスに対する偏見があり、敬遠されている様子だ。

しかし、この状況は実は仮想通貨業界にとっては良いことだと言える5つの理由がある。


続きはこちらのサイトからどうぞ


仮想通貨をホールドすべき?バリュー平均法による投資
過去6ヶ月間投資ポートフォリオにビットコインやアルトコインを保有していた人たちは、ビットコインの価格が2万ドルの壁を破りかけた2017年12月の高値から2月の安値まで様々な感情を経験した。この記事が書かれたのは、2月であり、市場が青信号を灯している今としては少し見当違いに見えるかもしれないが、我々はみな今後起こりうる大きな変動の可能性について知っている。  
留意すべき重要なことは、この記事は投資アドバイスではなく、投資の黄金律を常に覚えておくべきであるということだ。つまり、失っても良い金額以上を投資してはならない。  仮想通貨の時価総額が長期的な上昇軌道を永遠に維持すると仮定し、仮想通貨が強いファンダメンタルを持っていると仮定すれば、無期限に「ホールド」して仮想通貨を絶対に売らないということは理にかなっているかもしれない。  

しかし、この冬に仮想通貨の投資家が学んだことが1つあるとすれば、利確することは時に理にかなった行動であるということである。利確した利益で価格の下落時に市場で買い戻すことができる可能性がある。もちろん、問題になるのはいつ利確するのか、そしていつ買い戻すのかを知ることだ。  価格と取引量のチャートの分析を伴うテクニカル分析はここでうまくいくかもしれないが、知識と習得するための実践を必要とする。これに加えて、チャートはアナリストに応じて異なって解釈されうる。つまり、売りシグナルが別の誰かには買いシグナルとして解釈されうる。この解釈の余地でチャート分析に感情が入り込むかもしれない。つまり時に投資家はチャートの中に自分の見たいパターンを探すことになる。 

バリュー平均法とは 

続きはこちらのサイトからどうぞ



この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

宜しければフォローお願いしますm(_ _)m