20180430

欧州各国の仮想通貨規制状況
今年3月、アルゼンチンで開催されたG20サミットで強調された通り、欧州首脳たちは仮想資産の基礎にあるブロックチェーンが「金融システムおよび経済の効率性と包括性をさらに広い範囲で向上させる可能性を持つ」ものであるという統一見解に達した。  

しかし、こと規制に関しては、各国首脳の間で合意が得られず、広範な法整備を行うことはできなかった。G20サミットの間、欧州のさまざまな代表者らが仮想通貨の制限に向けた協調的な法の制定を強く求めたが、それが実現することはなかった。その代わり、規制提案の期限を18年7月とするという合意がなされている。  

規制がまとまらなかった理由は、法整備が有効なのは、他の欧州諸国との合弁事業として追求される場合だけだと考える政府や金融界トップがいたせいかもしれない。会合に出席していた政府組織、政治家、規制機関、そして中央銀行は、仮想通貨市場の不安定さや犯罪活動の可能性について議論した。しかし、サミットにおける主な進展は、保有されている仮想通貨を課税対象になる資産として特徴づけたこと,仮想通貨事業者に金融活動作業部会(FATF)が設ける基準への遵守を求めるとしたこと、そして先ほど述べたように、期限を7月に設定したことであった。  

多くの国は当初、ビットコインの可能性を軽く考え、とくに反対することなく仮想通貨活動を認めていた。しかし各国政府は今や、仮想通貨やビットコイン・テクノロジーが将来の労働市場やデジタル・インフラ、金融機関にいかに影響を与えるかについて、その考えを改め始めている。


続きはこちらのサイトからどうぞ


仮想通貨アンケート調査:Visa、Mastercard、Unionpay利用者は認知89%、購入53%
Visa、Mastercard、そしてUnionpayのカード利用者を対象とした仮想通貨購入に関する世界的なアンケート調査によると、回答者の89%は仮想通貨について知っており、53%は過去12カ月間のうちに仮想通貨を購入している。 

続きはこちらのサイトからどうぞ


2018年以降に仮想通貨やブロックチェーンで起こる重要な10個の出来事-Cyrus S. at Mobius
4月までの仮想通貨相場の崩壊は、多くの不安を生み出しました。しかし、過去12ヶ月間を考慮してみましょう。私たちは仮想通貨の価格が放物線に成長する光景しか見ていません。これは1636年頃のチューリップバブルや、1999年頃のインターネットバブル以来の強い投機的要素でしょう。

バブルの相場では、4月までのような下落(調整)は投機家を追いやるので、長期的には有益です。なぜなら、相場を調整する事により、市場に適合しない悪い企業を整理することができるからです。

そうは言うものの、具体的なプロジェクトや、明示的にロードマップの実装がなくても、また致命的な技術面での欠陥があっても、トークン市場での評価で高値を維持しているICOがまだ多く存在するのも事実です。

私は2011年後半から積極的にブロックチェーンに関わり、自身のトークンセールも成功に導いた人物として、ここに2018年以降の私自身の予測や見解を示します。 


続きはこちらのサイトからどうぞ


投資家ウォーレン・バフェット「ビットコインを買うことは投資ではない」
投資家ウォーレン・バフェットは、ヤフーファイナンスとのインタビューで「ビットコインを買うことは投資ではない」と話した。彼は以前からビットコインなどの暗号通貨への投資に対してネガティブな意見を述べている。 投資家ウォーレンバフェット、「ビットコイン市場はバブルである」 

続きはこちらのサイトからどうぞ



この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

宜しければフォローお願いしますm(_ _)m