040







SBIホールディングスが今年夏にも暗号通貨取引事業を開始するとの報告もでており、今後が注目されます。
ネット証券大手のSBIホールディングスは決算説明会にて早ければ2018年の夏にも暗号通貨取引所の運営を開始すると報告した。SBIホールディングスの子会社SBIバーチャルカレンシーズは2017年9月に仮想通貨交換業者として金融庁に登録されたが、CoincheckのNEM流出事件などにより事業開始時期を延期していた。 

自称サトシナカモトにも会って話したことがあるCEO北尾氏は「どうせ私どもがやりだしたら、あっという間にナンバーワンになる。だから、ものすごい数のお客さんが来ても、耐えられるシステムを構築しておかないといけない。安全性を徹底的に追求しないといけない」と話したことがbusinessinsider.jpにより報じられている。


続きはこちらのサイトからどうぞ(クリプトカレンシーマガジン)



この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

宜しければフォローお願いしますm(_ _)m