20180508

ビル・ゲイツ「ビットコイン投資はクレイジー、するなら空売り」と発言
マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は7日、米CNBCの番組でビットコインについて批判的な見方を示した。ビットコインは「非常に愚かな投資であり、もしするなら空売りする」と述べた。  

ゲイツ氏は2月、仮想通貨が「極めて直接的な方法で死を招いた」と発言している。「資産の種類として見た場合、何も創り出してはいないので、価値が上がることを期待すべきではない。ある意味、単なる非常に愚かな理論の投資である」と、ゲイツ氏は語った。


続きはこちらのサイトからどうぞ(コインテレグラフ)


ユニセフオーストラリアが仮想通貨マイニングによる寄付・支援プログラムの開始を発表
国際連合児童基金(ユニセフ)オーストラリアは、人道支援に充てる資金(寄付金)調達を加速させるため、仮想通貨のマイニングプログラム「The Hopepage」の開始を決定した。このプログラムは、ウェブページの訪問者のコンピューティング・パワーを利用しマイニングを行う。ユニセフはユネスコの一部ではあるが、資金については外部による慈善募金でまかなわれている。

続きはこちらのサイトからどうぞ(Coin Choice)


ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社がビットコイン取引提供を検討か
ニューヨーク証券取引所の親会社が大規模投資家向けに、ビットコインのオンライン取引を提供するプラットフォームの開設へ向けて動いていると、ニューヨークタイムズが報じました。計画はまだ秘密であるとして、関係者から匿名で寄せられたEメールを情報源としています。

続きはこちらのサイトからどうぞ(コイン東京)


元FRB理事、中央銀行コインの可能性を探る
2006年から2011年まで米連邦準備制度理事会(FRB)の理事を務めたケビン・ウォーシュ氏が、FedCoinなる中央銀行が管理するデジタル通貨の必要性が高まっていると考えていることを明かした。仮想通貨やブロックチェーンを使った技術が未来のお金として注目を集めていることを認め、FRBもこの分野を注視するべきだとしている。

続きはこちらのサイトからどうぞ(BTCN)



この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

宜しければフォローお願いしますm(_ _)m